名古屋市を主に尾張(一宮、春日井)、三河(豊 田、岡崎)および愛知県全域、岐阜、三重の中小企業向け会社案内パンフレット制作や印刷を行っています。 製造業、建設業、サービス業、商社、病院等の制作実績が豊 富。 会社案内、採用、商品カタログ等のデザイン・印刷ならお任せください。

良いパンフレットとは?

  • HOME »
  • 良いパンフレットとは?

「良いパンフレット」とはなんでしょう?

 

  • 見栄えが良く、印象に残るパンフレットでしょうか?
  • 内容が読みやすく、内容が理解しやすいパンフレットでしょうか?

どちらも正解ですが、
パンフレットには目的があるので、
ターゲット(読み手)に、狙い通りの印象を与えたり、
狙い通りのアクションを起こさせることができるパンフレットが、
本当の「良いパンフレット」です。
上述の2つは、目的を達成させるために必要不可欠な要素になります。

良いパンフレットの構成要素

一口に「良いパンフレット」といっても、
ターゲットの違いや、使用する場面の違い、目的の違いによって、
良し悪しの判断基準は異なります。
例えば、
採用のために使うパンフレットは読み手である求職者へ
仕事内容・会社の雰囲気・キャリアアップのシステム・社員紹介などの
情報を提供し、志の高い社員を獲得するための一端を担うツールですが、
同じ構成内容では、営業用の会社案内として、
取引が決定するための機能は果たさないでしょう。

必要とされるそれぞれのケースによって、
パンフレットは目的達成の為に、
多様な構成内容であるべきです。

ですが、「良いパンフレット」になるために必要な
基本的要素がいくつか存在します。
ここでは、その要素をご紹介したいと思います。

オリジナリティや強みの主張が明確
新しいソリューション製品やサービスで新市場を開拓する場合を除き、既存の市場の中では、競合企業、競合商品、競合サービスとの差別化を明確に主張できていなければ、目的は達成できないでしょう。
 経営が成り立っているということは、必ずオリジナリティや強みが存在しているということです。
 自社の魅力や商品の強みなどを明確にするためには、企業活動を顧みることが必要です。
 自社の魅力を掘り起こすためには、創業からの歴史を紐解くことや、社名の由来、困難を乗り切ったストーリー等を社長から聞き出すことも必要かもしれません。
 また、商品・サービスの強みを掘り起こすためには、競合の分析や商品のライフサイクル分析といった、営業戦略観点からも見ていく必要があるでしょう。
 あるいは、普段の日常的な業務の中にも、以外な魅力や強みが隠れているかも知れません。

 

ターゲットに対し明確なトーンアンドマナー
パンフレットの読み手に対しどのような印象を与えるかは、目的達成に大きく影響します。
 狙った印象を持ってもらうこと自体がパンフレットの目的である事だって多々あることです。
 ターゲットが読みやすく、狙った印象を持ってもらえるようにトーンアンドマナーをしっかり設計し、遵守しましょう。

 

ターゲットが欲しい(もしくはターゲットを説得する)情報が分かりやすく整理されており、目的達成のための道筋がはっきりしている
パンフレットに限った話ではありませんが、販促物でターゲットに情報を伝える場合の基本的な流れとして、読み進めるにつれて感情に訴える表現は少なくなっていき、その分情報量が多くなっていきます。
 これは、読み手の心理の動きを考慮した結果です。
 ターゲットが積極的に読みたい情報でもない限り、読み始めから情報量が多いものは、ここに何が書かれているのか情報認識をするのに
 疲れてしまいそうだと判断して、敬遠してしまいます。
 だから、無意識に興味引かれるヴィジュアルを用意し注目させ、興味をわかせるコピーで引き込み、徐々に補足する情報を増やしながら、説得力を高め、目的を達成させようとする流れになっているのです。
 そうした機能がうまくいっているパンフレットは、情報の流れがよく整理されており、読み手に情報認識・整理に疲れさせず、目的が達成しやすいようにつくられています。

 

目を引く・興味を刺激する表現が適切に配置されている
共感させる・不安にさせる・疑問を抱かせる・驚嘆させる、期待を持たせる等、感情に作用する、ビジュアルやコピー。こういった目を引く、引き込む装置がなければ、パンフレットは、退屈な資料のように見えるかもしれません。
 読み手を引きつける。機能的に視線を誘導する。情報を理解しやすいようにする。
 印象深く記憶させる。等、写真やグラフィックやイラスト、キャッチコピーや見出しを機能的に配置することが重要です。

 
 

今挙げた要素は、素人では大変ハードルが高いものかもしれません。
情報の構成やまとめ方は、ライターに、撮影が必要ならカメラマンに、
ヴィジュアルに関する部分はデザイナーが専門としている内容です。
これからパンフレットをつくろうと思っている方は
プロに相談するのがいいでしょう。

ちなみに弊社でも請け負うことが出来ます!
お気軽にご相談下さいね。

  
お困りごとがありましたら、お気軽に問い合わせください!

相談したい よくわからない 初心者の方はこちら

●名古屋市内・尾張(一宮、春日井)・三河(豊田、岡崎)のお客様へは近日中にお伺いできます!

お問い合わせはこちらから お気軽にどうぞ TEL 0800-200-7030 携帯電話・PHSはコチラまで 052-532-0007
営業時間 am9:00 ~ pm6:00 土日休業

初心者相談室

お気軽にお問い合わせください

TEL 0800-200-7030
受付時間 am 9:00 ~ pm 6:00
[ 土・日・祝日除く ]
訪問可能エリア 表紙見本集 印刷豆知識 写真撮影こちらがおすすめ
PAGETOP
Copyright © 名古屋パンフレット.com All Rights Reserved.