製本の折り方の一種で、見開きページの両側を内側に折りたたんだものです。両端が折られているものを「両観音折(りょうかんのん)」ともいい、これに対して一方のみが折りたたまれているものを「片観音折(かたかんのん)」といい、本の目次や折表などによく使われています。別途有料オプションで対応可能です。ただし、紙の厚みやサイズによっては対応出来ませんので、ご了承願います。